ドクターヘリとは

身近なところでドクターヘリが活躍する場面を見たことがあるという人もいるのではないでしょうか。ドクターヘリとは、救急医療用の医療機器などを装備したヘリコプターのことであり、パイロットの他には医師や看護師が同乗して、救急現場に向かいます

ヘリコプターを使った救急医療は、日本だけではなく世界で行なわれており、普段は病院の敷地内に大気していて、出動要請が出ると医師や看護師が乗って、数分以内に離陸します。医療スタッフを現場位にいち早く送り込むことが、ドクターヘリの重要な役割ですが、救急車のように患者さんを搬送する役割も持っています。空飛ぶ救命室として、ヘリの中で治療を行うことができるので、救命率の向上や患者さんの後遺症の軽減に大きく貢献しています。

最近では、テレビドラマなどでも取り上げられたことで注目が集まったドクターヘリですが、ここでも操縦士であるヘリコプターパイロットの不足が問題になっています。特にドクターヘリパイロットの場合は、事故現場や災害現場など状態の悪い場所に着陸することも多く、高度な操縦技術が求められることから若手操縦士が育ちにくく、人手不足は深刻な問題となっています。国土交通省ではドクターヘリ操縦士の要件の見直しなどに向けて調査を行なっており、今後は行政の支援によって人手不足が解消することが予想されています。