ドクターヘリパイロットになるには

人命救助を第一とし、事故現場や災害現場などに医師や看護師をヘリに乗せて運ぶ役割を持つのが、ドクターヘリのパイロットです。近年では需要が拡大する中で、操縦することができるパイロットの数が追いつかないという問題な深刻化しているのですが、ドクタ0ヘリのパイロットになるには、どうすればよいのでしょうか。

ドクターヘリのパイロットになるには、2つの方法があります。1つ目は、自家用ライセンスを取得し、警察や消防の一般公募に応募する方法です。2つ目は事業用ライセンスを取得し、募集を行っている民間の会社に応募する方法です。日本国内のみで取得する人もいれば、アメリカなど海外で取得する人もいます。またドクターヘリのパイロットになるには、高度な操縦技術が求められることから、業界団体が定めている条件は飛行時間2000時間以上となっており、一般的なヘリのパイロットの条件である飛行時間150時間以上を遥かに上回っていることから、高い水準となっていることがわかります。ヘリコプターパイロットの養成学校の中には、ドクターヘリパイロットを目指す一のために飛行時間を増やすことができるコースを開設しているところもあり、ドクターヘリパイロットに特化した訓練を行うことができる養成学校などもあります。