ヘリ免許を取得するには?

現代の日本では飛行機のパイロット不足が深刻化しています。そしてこれ以上に不足しているのがヘリコプターのパイロットです。民間ではドクターヘリが増強され、警察航空隊や消防防災ヘリ、海上保安庁のヘリなどの増強が進む中で、パイロットの高齢化が進み、若手の育成が進んでいないことで深刻な人手不足へとつながっているのです。

ヘリ免許を取得するには、自家用ライセンスを取得し、一部の警察や消防など航空隊操縦士の内部選抜、内部養成を行う官公庁の採用試験にチャレンジする、事業用ライセンスまでを取得して有資格操縦士の募集を行う全ての官公庁航空隊、民間運行会社にチャレンジするなどの方法があります。ヘリパイロットとして働くことを目的にする場合は、事業用操縦士という資格と技能証明、無線免許などが最低でも必要になります。これらの資格を取得するためには、とくかく飛ぶ必要があり、飛ぶためには多くのお金が必要になってしまいます。

ヘリ免許を取得する際にネックとなってしまうのが、ヘリ免許を取得するための費用です。個人差や取得する方法などにもよりますが、少なく見積もっても1000万円から1500万円はかかると言われており、免許の取得費用がかかり過ぎることが、人手不足の理由の1つとなっています。近年では対策として大手ヘリ事業会社の中には取得費用の大部分を補助するという企業も出てきています。ですが、ヘリ免許の事業用操縦士を取得することで、活躍することができる場が広がり、人命救助などで人のために働くことができるようになります。